ひとり言

【LCC・格安航空券】鹿児島から北海道(新千歳空港)まで、LCCで行く方法を調べてみました。

投稿日:

728x90

北海道に行くことになりました。

親戚がいるので割りと北海道には行くことは多いのですが、今年は法事などの関係もあり、11月と年末に行かなくてはいけなくなりません。

続けて2回行くとなると旅費が掛かるため、LCCを利用してなるべく交通費を安くすることに。

という事で、鹿児島から北海道(新千歳空港)まで、LCCで行く方法を調べてみました。

鹿児島空港に乗り入れしているLCC

 

鹿児島空港に乗り入れしているLCCと路線は下の表になります。

到着する全ての空港から、新千歳行きのLCCが発着しているので利用することが可能です。

LCC 到着

  

 ジェットスター

成田空港・名古屋空港(中部) 

 

 スカイマーク

羽田空港・神戸空港

 

ピーチ

関西空港

Jetstar(ジェットスター)

鹿児島空港からは、成田空港と名古屋空港に発着しています。

成田空港を利用した場合

鹿児島→成田は1日1便から2便飛んでいて、最安値が5990円

成田→新千歳は1日8便飛んでいて、最安値は4490円

クレジットカードの支払手数料が1区間500円ずつの1000円

成田空港は空港使用料が離発着時に380円ずつ掛かるので760円

合計すると最安値の場合12,240円で利用することが出来そうですが、北海道へ行くのにJetstarを利用するのは難しそうです。

と言うのも、平日だと成田空港へは1日1便しか飛んでいないことが殆どで(たまに午前中の便もあります)鹿児島発20:25→成田着22:00の為、成田空港で1泊しないといけません。

週末は1便増えて、午前中に成田空港へ到着する便が増えるんですが、運賃も2000円程度高くなってしまいます。

Peach(ピーチ)

鹿児島空港からは関西空港へ発着しています。

Peachの運賃には「シンプルピーチ」、「バリューピーチ」、「プライムピーチ」の3種類あって、いずれの運賃も機内持ち込み手荷物は10キロまで無料になります。

今回はなるべく交通費を抑えたいので、制限が多いですが一番安いシンプルピーチを利用することにします。

2017/12/13(水)を例に見てみると、この日の鹿児島発→関空着は4,290円

関空発→新千歳着は5,690円

クレジットカードの支払手数料が1区間440円で計880円

関西空港の空港使用料は着陸時が360円、離陸時が410円で計770円

合計すると11,630円で北海道まで行くことが出来ます。

鹿児島を8:50に出発して関空に9:55に到着するので乗り継ぎも大丈夫です。

ただピーチの場合、乗り継ぎ時間に90分以上間を空けないといけないので、10:30発の便に乗ることが出来ません。

次の便は16:15なので6時間ほど関西空港で待つことになり、新千歳空港着は18:05。

う〜ん、結構遅い時間の到着なので、1日が移動で潰れてしまうことになってしまいますね。

後、ピーチを利用するにあたって気を付けないといけない事があります。

それは荷物の制限が厳しいという事です。

シンプルピーチの場合10kg、手荷物2個まで無料なのですが、持っていくものを選ばないと10kgなんて簡単に超えてしまいます。

過去に新千歳、成田、関空でピーチを利用したことがありますが、関空はピーチのお膝元のためなのか、他の空港に比べると手荷物検査はかなり厳しかったです。

荷物を予め預けないといけない事が分かってる場合は、バリューピーチを選ぶか、受託手荷物の預け入れをインターネットで事前予約した方がお得ですよ。

インターネットで事前予約した場合は、鹿児島から新千歳まで荷物1個3000円掛かることになります。

スカイマーク

 

鹿児島空港からは羽田空港と神戸空港に発着しています。

神戸空港を利用した場合

スカイマークには搭乗日3日前、もしくは前日まで予約が可能で、空席状況に応じて運賃が変動する「いま得」という運賃プランがあるので、そちらを利用することにします。

ピーチと同じく2017/12/13(水)を例に見てみると、この日の鹿児島発→神戸着は6,700円

神戸発→新千歳着は5,500円

神戸空港は空港使用料を支払う必要はありませんし、スカイマークは購入手数料も掛かりません。

なので12,200円で北海道まで行くことが可能です。

スカイマークは荷物が20kgまで無料、しかも個数制限はありません

スカイマークの乗り継ぎ保証は、同一空港内でスカイマークからスカイマークに乗り継ぐ場合だと35分以上あれば大丈夫です。なので11:45に神戸へ着いて、12:30発の新千歳行きに乗ることが可能になります。

新千歳には14:10に到着するので、ピーチの新千歳18:05着に比べると時間にかなり余裕が出てきますね。料金もピーチと比べると600円位しか変わらないですし、総合的に考えるとスカイマークが一番お得なような気がします。

ただスカイマークの「いま得」は座席数に応じて値段が変動するので、昨日と今日では値段がまったく違うなんて事も十分ありえます。

でも私の経験で言うと、よっぽどの繁忙期でない限り、これ位の値段で買えることの方が多いです。

 

という事で、スカイマークで行くことに決定!!!!

 

としたかったのですが、今回は新しい方法で行くことにしました。

 

Peach 2017年9月24日 福岡ー新千歳就航

2017年9月24日に、北海道と九州を直接結ぶPeachの福岡ー新千歳便が就航しました。

2017/12/13(水)を同じように見てみると、シンプルピーチは5,690円です。

クレジットカードの支払手数料が440円で、福岡空港は空港使用料はかかりません。

鹿児島から福岡までは高速バスを使うと3900円で行くことが出来るので、合計すると10,030円で北海道まで行けます!!

朝5:30のバスに乗らないといけないので少し大変ですが、安さには変えられません(笑)

今回の北海道へはPeachの福岡ー新千歳便を使うことに決定です!

まとめ

いかがでしたか?

今回、私はピーチの福岡ー新千歳便を利用することにしましたが、他にも日程によっては、色々と利用可能なLCCがあると思います。

例えばジェットスターで中部国際空港まで行って、2017年10月29日に就航するエアアジアを利用する方法、ジェットスターで成田国際空港へ行ってバニラエアや春秋航空を利用するなどです。

鹿児島市内の人は、鹿児島空港まで行く時間やお金を考えると、新幹線を使って福岡まで行く方法もいいかもしれません。メルカリなどでJR九州の株主優待券を購入すれば、福岡まで約6000円で行くことも可能です。

LCCはシートの前後間が狭かったり、荷物の制限が厳しく超過分が有料であったり、機内サービスが手薄などのデメリットもありますが、それらを全て帳消しにしてくれる「安い!!」と言うメリットがあります。

とにかく安く行きたい場合はLCCを検討してみてください。

それでは〜

 

336x280

336x280

-ひとり言
-

Copyright© 鹿児島さんぽみち。 , 2018 All Rights Reserved.